Home> 企画・商品紹介

企画・商品紹介

市の取組みや関連商品の販売などを通してご支援をいただいている団体や企業等をご紹介いたします。
商品の購入(※)を希望される方は、販売を行っている団体・企業へ直接お問い合わせください。
※売上げの一部は、「千年希望の丘」の整備に寄付されます。

  • 岩沼係長カレー

    株式会社にしき食品

    ごちそうレトルト専門店「にしきや」が作るご当地カレー。
    季節で変わるパッケージでは岩沼係長も合わせて衣替え。
    中身は「にしきや」の人気商品から季節に合う商品をセレクト。
    季節で変わる味とパッケージをお楽しみ下さい。
    ウェブサイト

  • 精密こま"きのこま"

    株式会社岩沼精工品

    精密こま"きのこま"は、アミタケというキノコをモチーフに作られました。アミタケの「格子状」の模様を刻印にて再現。
    コマの持ち手は、あみたけの茎と同様に縦筋を入れることで、コマを回し易くしています。コマとして長く回す為に、加工精度を5ミクロン(0.005mm)という精密な精度で仕上げ、更にコマ先端部には鋼球を埋め込んでいます。
    キノコと同様の立ち姿で回すことが可能です。 震災前、岩沼市沿岸部には、アミタケが生える松林があり、その風景をもう一度復活させようという気持ちが込められています。
    ウェブサイト

  • 木製雑貨

    合同会社つながる木っと

    私たち(つながる木っと)は東日本大震災で被災した人々が笑顔で暮らした大切な記憶の断片を後世に伝えたいとの思いから始まりました。
    現在交流センターに展示してある商品に関しては、放射能検査を徹底的に行い、安心、安全な材料を使い1つ1つ心を込めて製作しております。
    千年希望の丘へお越しの際には交流センターでご覧いただければ幸いです。
    ウェブサイト

  • 東日本大震災 あの時、岩沼では・・・。
    ― 50人の証言 ―

    株式会社国井印刷

    被災地の印刷会社としてこの大災害をどのように受け止め、何が出来るのかを考えた末この本の出版に至りました。
    第1章「真実」では大切な家族を亡くされた方、九死に一生を得た方の声が。
    第2章「命を守る」では会社の経営者がそれぞれの立場でどのように考え行動したのか。第3章「支える」ではボランティアに関わった方々の苦労を。
    第4章「子どもたち」では小さな心にあの大震災がどのように映ったのか。
    あえて大きな編集を加えずに生の声を伝える真実の本になっています。この大災難を後世に伝えるために是非ご購読下さい。
    ウェブサイト

  • ヒルズウエイト

    小野精工株式会社

    「千年希望の丘」は、小高い丘を配し、津波の力の減衰や、避難場所として活用するとともに、再生可能な震災廃棄物を活用してつくり、大津波の痕跡や集落跡地等の遺構の保存による震災の記憶や教訓を後世に伝えていくメモリアル公園と防災教育の場として整備されております。
    「ヒルズウエイト」は、千年希望の丘にあやかり、しっかりとこの地に根を下し、その思いを伝えて行くことを願って作られたものです。3点支持が特徴で、震災の記憶や教訓を未来永劫に伝えていきたいとの思いが込められています。
    ウェブサイト

  • 「千年希望の丘」のものがたり

    一般社団法人 千年希望の丘協会 会長 井口経明(前宮城県岩沼市長)

    千年希望の丘に植樹された苗木には、鎮魂の祈り、未来への希望、そして「いのちをつなげたい」との願いが込められています。今はまだ小さい苗木ですが、20年もすれば、あらゆるいのちを守ってくれる立派な森に育つでしょう。その時のために、この地にまつわる「いのちのドラマ」を書き記しました。ご支援をいただきましたすべての皆様に、本書を捧げます。

  • きぼうのおか ~千年先のきみへ~

    作・絵 しょうじ・しょうじ

    岩沼市では、「千年希望の丘」をめぐる親子の物語を描いた読み聞かせ絵本を発行し、ご寄付(1,000円以上)など、当市にご支援をいただいた方に贈呈し、活用しています(非売品)。
    子どもたちに震災をどう伝えるか、市職員が知恵を出し合い、作り上げた物語。手書きのイラストが親しみやすく、大人から子どもへ読み聞かせたい一冊です。
    千年希望の丘交流センターで閲読いただけるほか、岩沼市民図書館で貸出を行っています。詳細は、下記へお問い合わせください。
    問い合わせ先
    岩沼市役所 復興創生課 0223-22-1111(内線528)

  • 岩沼市震災伝承・防災アプリ

    岩沼市

    岩沼市では、ICT(情報通信技術)を活用し、東日本大震災の伝承と防災意識の啓発を図るため、スマートフォンやタブレット向けの無料アプリを配信しています。
    写真や音声等で、市の復興に向けた取組みや観光スポット等を知ることができるほか、突然の災害時にも簡単に作ることができるレシピを紹介しています。
    iOS、Android 搭載のスマートフォンやタブレットでご利用いただけます。

    問い合わせ先
    岩沼市役所 復興創生課 0223-22-1111(内線528)